松の幹と枝

私の部屋は2階です。その部屋の窓の前に、幹の太い松の木が立っています。

窓を開けると手が届きそうなたくさんの枝が伸びていて,毎日見ていると私の仲間のような気がしてきます。とくに冬は、重たい雪を枝にのせて頑張っているのを見ていると、昔出会った色々な人を思い出します。風が吹いても雪を落さずに枝を広げているその姿に、ガンバレ、ガンバレ、私は祈っていると声をかけたくなります。

こんな事を考えていると、神さまから私へのメッセージかなと思ったりします。幹はキリスト、枝は私たちです。幹のキリストにしっかりつかまっていると大丈夫です。

マタイ11の28章で『重荷を負って苦労している者は皆私のもとに来なさい、休ませてあげよう』と、キリストは私たちに呼びかけています。

信じてついて行きましょう。私たちがすることは1つだけ、それは祈ることです。「私を離さないでください、神さまありがとう」とか、長い祈りでなくてもよいと思います。歩きながら、職場で仕事をしている時、食事の仕度をしている時など、ほんのちょっと手と心を休めてホッとしてみて下さい。

穏やかになって来ます。もちろん、長い祈りは静かな時間をつくって神さまと1対1で話し合うのが良いことです。今年のご復活は3月27日でした。その頃には枝の雪はとけていました。もう少しするとスズメが遊びに来てくれます。今から楽しみです。

投稿者プロフィール

Fr.Bauer Dominicus
Fr.Bauer Dominicus
ドミニコ司祭(アロイス・バウア・ドミニコ) ドイツ人 フランシスコ会 日本管区『小さき兄弟会』 旭川地区協力司祭