神居の風

「人となりについて」 ― Personality ―

「人となりについて」 ― Personality ― 間違い電話がありました。私が違いますと言うと、失礼しました、と言う人がいます。黙って電話を切る人もいます。人様々です。人に備わっている性質や品格のことを「人柄」と教え …

帰 属 意 識  -Sense of Belonging-

帰 属 意 識 -Sense of Belonging- 昔、マザーテレサの講演がありました。修道女連盟主催の講演会が聖心女子大学であった時のことです。シスターたちが講堂に集まっていました。私は、男子修練者を連れて、こっ …

あなたはどこにいるのか - 国井健宏神父さまを偲んで -

あなたはどこにいるのか - 国井健宏神父さまを偲んで - ロシアの役人が、シベリアにユダヤ教のラビを連れて向かっていました。ラビ(ユダヤ教の祭司)は流刑にされるところでした。役人が「どうして全能の神が、アダムにどこにいる …

後ろ向きに前へ進む - Back to the Future -

後ろ向きに前へ進む - Back to the Future - 「後ろ向きに前へ進む」をイメージさせるものに、ボートがあります。ボートに乗って池を漕いだことが、ありませんか? ボートは旭川なら、常磐公園にあります。 神 …

福音の神髄 「the marrow of the gospel 」

福 音 の 神 髄 「the marrow of the gospel 」 マタイ福音書にあります。 「まず、神の国とその義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな、加えて、あなた方に与えられる。だから明日のことを思 …

人間には、二つの目がいる -出会いと出来事 出来事と出会い- 

人間には、二つの目がいる 出会いと出来事 出来事と出会い ある夜、お年寄りが突然、訪ねてきました、「学生たちに話したい」と。院長がゆるしたので、お話を聞くことになりました。学生とは、ラテン語を学んでいた青年たちでした。希 …

在るべきか 在らざるべきか -To be, or not to be-

在るべきか 在らざるべきか -To be, or not to be- 人間は「存在」「ただの存在」To be です。そして「働き」「労働」To do です。「存在」は「働き」になります。その人が「来る」と、その人が「居 …

泥かぶら -The Ugly Ducklingと日本の名作から-

泥かぶら - The Ugly Ducklingと日本の名作から - アヒルの群の中で、他アヒルと異なった姿のひなが生まれました。アヒルの親は、七面鳥のひなかもしれないと思います。周囲のアヒルから、あまりに辛く当たられる …

対話のある祈り -語りかける神と御子イエス-

対話のある祈り -語りかける神と御子イエス- 「神は、……多くのかたちで、……また多くのしかたで……語られたが、…み子によって私たちに語られました」(ヘブ1:1-2)。「信仰とは聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞 …

生命への畏敬の念 “Reverence for Life”

生命への畏敬の念 “Reverence for Life” トンボが飛んできたので、手に持っていた棒を振りました。するとトンボに当たって殺してしまいました。その時の気持ち。小学1年生。 友だちとカエルを捕まえて、足で踏ん …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © カトリック神居教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.