神居の風

神の私への愛 - God’s love for me -No.6

神の私への愛 - God’s love for me -No.6 シスタ-A.R.から、ジョ-ジ・ハ-バ-トの「Love」という詩を、昔いただきました。シスターAを偲んで、感謝して、ご紹介します。 「愛 Lo …

神の私への愛 - God’s love for me -No.5

神の私への愛 - God’s love for me -No.5 「病院生活一年は、大学生活三年に匹敵する」という人がいました。「それぞれの生涯学習」という記事のなかで、そう述べておられた作家の遠藤周作氏です …

神の私への愛 - God’s love for me -No.4

神の私への愛 - God’s love for me -No.4 聖アウグスチヌスは、「人の心に大きな愛を呼び起こす力は、自分がずっと以前から相手に愛されていることに、気が付くことである」と言っています。 よ …

神の私への愛 - self worth - No.3

神の私への愛 - self worth - No.3 私の存在には価値があるという「実感」は、すばらしい才能です。持ち物によらず、働きによらず、ありのままの自分自身を受け入れられるのは、信じられないくらいです。この私が、 …

神の私への愛 - to be loved - No.2

神の私への愛 - to be loved - No.2 百メ-トルの長さはどのくらいのものか、大体わかるものです。重さや温度なども大体の見当はつきます。これは感覚でわかるもの、つまり経験を通して身につけた感覚からくる知識 …

神の私への愛 - to be loved - No.1

神の私への愛 - to be loved - No.1 愛されることは、受け身の体験です。これは理屈や説明でわかるものではありません。これは経験と心情の問題です。私自身がフト気がつくことからわかるものです。客観的証拠を突 …

「あしあと」 -Footprints-

「あしあと」 -Footprints- これは、マーガレット・F・パワーズというアメリカ人女性 の作った詩です。 ある夜、私は夢を見た。私は、主とともに、なぎさを歩いていた。 暗い夜空に、これまでの私の人生が映し出された …

死について Memento mori !(メメント・モリ!「死を覚えよ」)

死について Memento mori ! (メメント・モリ!「死を覚えよ」) ついにゆく 道とはかねて 聞きしかど きのふけふとは 思はざりしを   在原 業平 古典は「死期はついでを待たず、死は前よりしも来たらず、かね …

愛のあるところに 「慈しみと愛のあるところ 神はそこにおられる」

愛のあるところに “Ubi caritas et amor, ubi caritas Deus ibi est.” 「慈しみと愛のあるところ 神はそこにおられる」 アビラの聖テレジアは、お祈りは<愛する>ことです、と言っ …

何を祈りますか! - 手前勝手を申し上げ -

何を祈りますか! - 手前勝手を申し上げ - 「ヨナ書」は、子どもに人気のある聖書物語りの中でダントツだ、と聞いたことがあります。教会学校で見せられたビデオの中で、子どもたちは、神の変心、心変わりに、怒っているヨナに同情 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © カトリック神居教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.