神父のことば
  • HOME »
  • 神父のことば »
  • 司祭の部屋

司祭の部屋

一冊の本との出会い

先日の春分の日、わたしは札幌で行われた司祭叙階式に参加してきた。蓑島克哉新司祭は35歳のとき、帯広教会でナルチゾ神父から洗礼をうけ、4年後に日本カトリック神学院に入学、今年2月に卒業した44歳の新司祭だ。彼はナルチゾ神父 …

『みこころにそう決断』

3月19日は聖ヨセフの祝日でした。福音書の中に聖ヨセフの言葉は出てきません。わたしは、彼は自分の望みより神の望みを優先させる、寡黙で男らしいしっかりした男性だったと思っています。マリアを妻に迎え入れたこと、夜のうちに幼子 …

恵みのつながりの中で

2月14日はわたし霊名(ヴァレンチノ)の記念日だった。以前、2月14日は聖ヴァレンチノ殉教者の記念日だった。ところが、公会議後の典礼改革で聖ヴァレンチノが消え、2月14日は聖チリロ隠世修道者と聖メトジオ司教の記念日になっ …

『ありがとうの一日を』

節分が過ぎ立春を迎えたが、北海道は強い寒気団に覆われているためにまだまだ寒い。二月のことを陰暦では如月というがこれは「寒いために衣をさらに着る衣更着(きさらぎ)からついた名前」という説が有力らしい。今朝、玄関を開けて新聞 …

「フォーメーション」Formation - ご自分に似せて人を造ろう -

“フォーメーション”形成する、形作るという意味です。「神は言われた。われわれに似せて、人を造ろう。神はご自分にかたどって人を創造された」(創世記1:26―27)。形成とは、形づくるとは、「人格を形成する」ことです。 司祭 …

神さまのこと、わかりますか! ― 謎 なぞなぞ です -

神は「ミステリウムー神秘」。これはマウロ師から学んだことです。何気なく聞いていましたが、心に残りました。どうおもいますか? 神学を学びに行ったのに、私は、神が「神秘―ミステリウム」「謎」「わからない」と教えられました。私 …

新しい年に

1年の計は元旦にあり、という言葉があります。この言葉は正しくは、「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」で、その日にすべきことは朝に計画を立て、その年にすべきことは元旦に計画を立てるべきである。そこから、何事もはじめ …

「白鳥」

毎年10月末から11月初旬にかけ修道院上空に数十羽からなる渡り鳥が北から南に向け飛んで行くのを見かける。いつも見慣れているカラスやトンビと違い優雅で美しく規律正しい飛び方は見る者の心を和ませてくれる。今年も11月前後にか …

祈りによって優しくなれた

『祈りによって優しくなれた』 10月はロザリオの祈りをたくさん祈ったような気がする。そうしたら自分がなぜか優しくなれたような気がしてきた。9月末に大分のトラピスト修道院の神父さんに蟹とホタテを贈ったら、10月初めにきたハ …

教会にいのちを与えるもの

10月22日は、2013年にフランシスコ教皇によって列聖された、聖ヨハネ・パウロ二世教皇の記念日だった。ヨハネ・パウロ二世は、1920年ポーランド生まれ、58歳で教皇に選出され、2005年に84歳で亡くなるまで、26年間 …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © カトリック神居教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.