神父のことば
  • HOME »
  • 神父のことば »
  • 司祭の部屋

司祭の部屋

祈りによって優しくなれた

『祈りによって優しくなれた』 10月はロザリオの祈りをたくさん祈ったような気がする。そうしたら自分がなぜか優しくなれたような気がしてきた。9月末に大分のトラピスト修道院の神父さんに蟹とホタテを贈ったら、10月初めにきたハ …

教会にいのちを与えるもの

10月22日は、2013年にフランシスコ教皇によって列聖された、聖ヨハネ・パウロ二世教皇の記念日だった。ヨハネ・パウロ二世は、1920年ポーランド生まれ、58歳で教皇に選出され、2005年に84歳で亡くなるまで、26年間 …

3才のわたし

3才のわたし 8月12日のドイツの新聞に、世界平和と働く人たちのために19ヶ国の侍者団がバチカンに集まり、パパ様とともに祈りを捧げたと書いてありました。5才から84才までの人達、約6万人だったそうです。バチカンの広場は人 …

生命保険のセールス

生命保険の勧誘をしたことありませんか、あるいは、勧誘を受けたことありませんか。兄が生命保険会社の「セールスマン」でした。同じ生命保険の名前を、五条教会に来るときに目にします。生命保険に入っていますか? 実は、私も保険のセ …

名前のこと 霊名のこと

名前の思い出がありますか!名前のことで、笑われたことありませんか? 宗(そう)君のことです。学生時代に、先生が教室で「そう!」とため息をついたのを、自分の名前が呼ばれたとおもって、起立して、爆笑を買いました。おかげで、み …

「 平和旬間 」を前に

夏休み期間に、日本の各教区で行われるものに「平和旬間」があります。8月は、広島、長崎の原爆記念日、そして、終戦記念日という戦争で亡くなった人々を追悼し、平和を考える日が多いので、この時期に実施されています。札幌教区内でも …

「道」

今日に至るまで沢山の道を通ってきた。子供のころは家から学校へ。学校を卒業すると家から職場へ。北海道から神学校へ行くために東京へ。神父になると神学校から小教区へ。北海道へ帰ると旭川へ。稚内へ。札幌へと数えきれない程の道を通 …

凛としたキリスト者

先日、運転免許証のための高齢者講習を受けてきた。初めての体験だったが、視力検査と運転実技とビデオを見せられての話で、二時間ほどで修了証をもらうことができた。参加者はみな同年代なので安心だったが、少し嫌だったのが、「加齢に …

キリストの香り

先日、洗礼―キリスト者になること、キリスト者であることーを特集していた古い「カトリック生活」をひらいたところ、渡辺和子シスターが2008年にある教会の教会月報に寄稿した「キリストの香り」という文章をみつけた。わたしは渡辺 …

勇気と謙遜

最近、私は「なぜ日本に来たのだろうか・・・」と考えることがあります。 勿論、神さまの望みが第一でしょうが、それでも私にも責任があります。色々考えてみてやはり戦争に関係があったと思います。 修道院に入る前に小学校に勤めてい …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © カトリック神居教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.