「飛行機」

2016(平成28)年度も残すところ後数日。新しい2017(平成29)年度が4月から始まります。私にとって平成28年度は東京に行く回数が例年になく多かった1年でした。東京への交通機関は飛行機を利用していました。東京へ行く目的はフランシスコ会内の委員会の会議や集会が主でした。飛行機に乗る場合、山、海、空、雲、街、湖、雪等の景色を眺めるのがとても好きなので毎回窓側を予約します。また昼間とは違った夜景も好きで、特に東京湾を中心に広がる千葉と東京、そして旭川上空は光が点在して宝石を散りばめたように輝いています。

以前、福岡へ行くために千歳空港から搭乗したことがありました。津軽海峡上空をさしかかった時、大きく旋回しているのがわかり「福岡に行く場合、旋回するのだ」と思っていると千歳空港に戻ってしまいました。機内でのお知らせには「千歳空港に戻ります」との事。それ以上は何も説明がないまま千歳で降ろされ、次便の東京行きに乗せられて羽田へ。羽田に着いてから事情を聴くと飛び立った後、前輪が格納されないために引き返したとの事でした。乗客に不安を与えないため直ぐに知らせないのだと理解はできますが、事情も分からず次便に乗せられ、時間も大きく遅らされる乗客にとってどうなのだろうと思いました。

また、羽田から旭川に搭乗した際、旭川市内や美瑛、上富良野上空を3周したこともありました。理由は千歳周辺が吹雪のため千歳着の飛行機が降りられなくなり急遽旭川空港に変更し、そちらを優先したとの事でした。普段、飛ぶことがない上空を飛び、見ることができない景色を見ることができたのは私にとって楽しい空の旅になりました。

旭川空港は風向きによって二通りの発着空路があります。旭川市内方面と富良野、美瑛方面。季節や時間によってどちらも甲乙つけがたい景色が眺められます。ただ、強風や吹雪等によって天候が悪化した時の離発着時はいつも生きた心地がしないですね。

平成29年度も飛行機に搭乗します。眼下の景色を眺めながら飛行機が落ちない事を祈りつつ約1時間半の空の旅を楽しみたいと思います。

投稿者プロフィール

Fr.Michael mano masataka
Fr.Michael mano masataka
ミカエル間野 正孝主任司祭 フランシスコ会 日本管区『小さき兄弟会』 旭川地区長 修道院長