旭川に来て10数年。この期間色々な兄弟とここ神居修道院で共に共同生活をしてきました。最初は鈴木神父様と渡辺神父様。私にとってお二人は道産子の大先輩で旭川市内の共同宣教司牧の先駆けとして1から教えていただいた兄弟でした。いつもお二人は時間が合えば修道院内を歩いている姿がとても印象的でした。韓国のチェ神父様。韓国人であるため日本人の私とは感覚や宣教方法やとらえ方が多少違っていましたが、青年たちに対する熱意や情熱はとても凄く、特に体を動かすスポーツに関してはバイタリティ-がある兄弟でした。ヨゼフ神父様。30年以上のアフリカ宣教から旭川へと兄弟としてやってきた彼は、アメリカ人独特の性格や雰囲気の持ち主で自転車やバイクに乗って颯爽と市内を飛び回っていた姿が印象的であり、流暢な日本語を話すとてもユーモアある兄弟でした。ドミニコ神父様。宣教師として旭川地区のために何十年と一人で小教区司牧をしてきましたが、数年前に神居修道院での兄弟生活を選び日々兄弟として共に生活し、石浜さんが帰天された後も気丈に人に頼らず自分の身の回りの出来ることを進んで行っている兄弟です。今年96才、頭が下がります。戸田神父様。フランシスカン霊性や信徒の霊性、信徒に祈り方を伝える事を大切にして、数年前に自動車の運転を自ら止める決断をされました。信徒や修道士にとてもお願い上手な兄弟です。山本神父様。典礼をとても大切にしていて、お体が不自由であるにもかかわらず、自動車の運転が大好きで道内どこへでも出かけておられた兄弟です。修道院生活をすることを望み、現在、病院、施設で辛いリハビリに励んでおられます。曽根修道士。おっとりのんびり屋ですが修道院内外の仕事を一生懸命こなし、典礼の準備や暖房、ベッドメーキングや食事の準備、夏は暑い中、庭仕事を黙々と行う人目につかないところで頑張る兄弟です。阿部神父様。私にとって唯一の後輩で入会当時から寝食を共にしてきました。お願いした仕事はきちんとやってくださり助任以上の仕事を市内においてやってくださる頼もしい兄弟です。

このように年齢、国籍、性格の違いがあれど同じフランシスカンとして共に神居修道院で兄弟的共同生活をしてきた、又はしている兄弟達に感謝です。

他にも沢山の兄弟達が旭川地区において信徒の皆さんと共に司祭、修道者として関わりをもっていただいたことに感謝すると共にこれからもよろしくお願いします。


早朝に輝く月下の神居修道院

 

投稿者プロフィール

Fr.Michael mano masataka
Fr.Michael mano masataka
ミカエル間野 正孝主任司祭
フランシスコ会 日本管区『小さき兄弟会』 旭川地区長 修道院長