ほんとうに大切なこと

上野動物園のシャンシャンと母親のシンシンの一般公開が始まり、大変な人気らしい。1日に観覧できるのは抽選で400組。初日の倍率は46倍で、中には百数十倍という日もあったそうだ。パンダはどうしてかわいらしく見えるのか。その理由は、上野動物園のホームページでは、まず頭が大きいことを挙げている。動物は成長とともに相対的に頭の比率が小さくなるが、パンダはその比率が子どものときとほとんど変わらず、一生「赤ちゃん体型」のままなのだそうだ。次で目鼻が顔の下の方に集まっているのも、かわいらしく見える理由らしい。わたしは以前、なにかの本で、神さまがどんな動物の子どもも、かわいらしく造られたのは、親が育児放棄しないためだということを読んだ。わたしは以前、幼稚園のお母さんたちに、育児は育自につながると話したことがある。うちの子はああなってほしい、こうなって欲しいと願ったとしても、親が自分を育てる育自をやめるなら、親の願うようには子どもは育たない。人はいつでも成長し続けなければならない存在だ。

今年もあと僅かになった。わたしは毎年、クリスマス近くになると、しなければならないことが増えてくるので、日にちの数え方を変えることにしている。あと何日ではなく、まだ何日と考えると、不思議と焦りがなくなり、余裕が出てくる。さらに「まだ」ということを考えると、自分はまだまだダメな人間だということにも気づく。

わたしは今年、お世話になった何人かの人に、渡辺和子シスターの日めくりカレンダー「ほんとうに大切なこと」をプレゼントした。これはキリスト信者でない人にも好評だった。幸せはいつも自分の心が決める。物事をどう考えるかはとても重要だ。日めくりなので、シスターのよく知られている31のことばを毎日めくっていく。「小さなことをやり遂げたときにこそ幸せは味わえる」ということばが太く印刷されたページには、「人生の日々のほとんどは、平々凡々たるもの。その中で幸せになるということは、小さくてもいい、「ああ、幸せ」と思える機会を増やすことにかかっています。という解説がついていた。

わたしたちが神の前に立つ時まであとどれくらいあるかわからない。でも毎日を大切に過ごしたい。それぞれが、ほんとうに大切なことは何かをしっかり押さえて生きよう。

投稿者プロフィール

Fr.valentino Yamamoto Takashi
Fr.valentino Yamamoto Takashi
バレンチノ山本孝司祭
フランシスコ会 日本管区『小さき兄弟会』 旭川地区協力司祭