この時期、旭川市内の各教会では総会が行われ、その中で、宣教プランがどの程度行われたかについての評価も行われます。
しかし、宣教プラン通りできる、出来なかったは別にして、教会は自分達の信仰を表し伝える場ですから、主日に集い、信仰を表す典礼や季節ごとのチャリティー活動(四旬節愛の献金など)を通じて知らず知らずのうちに行っていることも含めて、何らかの宣教をしているといえます。
以上は教会内のケースですが、知らないうちに関わっているこうしたことの他に、もう一歩進んで宣教するケースもあります。
それは、外部に向けての働きかけです。これには、超教派の集まりに参加する、教会を何かの集会のために解放する、教会で有志を募り施設を訪問するなど様々です。
旭川には四箇所の教会があります。各共同体の特色も違います。
場所の提供、地域行事への参加、季節の典礼への呼び掛け等々、まだまだ宣教する機会は何通りも可能性があります。
これからも、旭川の四教会が宣教する共同体でありますようお祈りいたします。

 

投稿者プロフィール

Fr.petero Abe Keita
Fr.petero Abe Keita
ペトロ阿部 慶太司祭
フランシスコ会 日本管区『小さき兄弟会』

2020年 4月13日 東京六本木修道院へ赴任されました。
しばらくの間、投稿を掲載いたしますので皆様どうぞご覧くださいませ。