神の私への愛
- self worth - No.3

私の存在には価値があるという「実感」は、すばらしい才能です。持ち物によらず、働きによらず、ありのままの自分自身を受け入れられるのは、信じられないくらいです。この私が、受け入れられていることを、自分で受け入れるためには、信頼や謙そん、勇気がいります。神の愛は「それに値しない者への愛」です。神の無償の愛を信じるところから、すべては始まります。
神の家(教会)を訪問する時には、手土産の大小を気にする必要はありません。人間の世界では、学歴や肩書き、お金や容姿がものを言います。成績のいい人、よく出来る人が評価されます。しかし、世の価値基準とは違うのが、神の国、福音の世界です。

神の愛は、それに値しない者への愛です。ふさわしい者は一人もいません。神が求めておられるのは、ただイエスを主と信じ、その福音を生きる人として、天の父のみ旨を行なうことです。
愛は純然たる賜物です。愛は商取引ではありません。「愛を支配しようと財宝などを差し出す人があれば、その人はさげすまれる」(雅歌8:7)と記されています。

ヴィクトル・ユ-ゴ-の「レ・ミゼラブル」を思い出してみましょう。ジャン・バルジャンを回心させたのは何だったのでしょうか。無償の愛の体験でした。彼はまず人間に出会います。食事を振る舞い、銀の食器とロウソク立てを与えるミリエル司教には、高貴な人間の愛がありました。ジャン・バルジャンは、弟のために一切れのパンを盗んだことから、自己不信、人間不信になっていました。ミリエル司教から、ありのままの自分が、ありのままに受け入れられていることに驚きと喜びを味わいました。そして生まれ変わりました。愛だけが、人を囚われから解放します。ジャンは、心の牢獄からも解放され、自由になったのです。
私がここに居る、自分の存在には価値があるという自覚は、すばらしいセンスです。

心で祈るために:
◎ 大切にされた思い出がありますか。親、隣人、教会、共同体
☆ 優しい言葉をかけられたことがありますか。いつ、どこで。
★ 忘れられない親切を受けたことがありますか。誰に。
◎ 感謝の思いを、十分に表せましたか。

聖書の個所:
ル カ 19:1~10 「ザアカイ、ぜひあなたの家に泊まりたい」
ヨハネ 8:1~11 「私もあなたを罪に定めない。行きなさい」