神の私への愛
- to be loved - No.1

愛されることは、受け身の体験です。これは理屈や説明でわかるものではありません。これは経験と心情の問題です。私自身がフト気がつくことからわかるものです。客観的証拠を突きつけられて、頭で納得するよりも、私の心が「愛」を感じるのです。その気になって周囲を見回す時、小さな出来事の中に「愛されている自分」に気がつくのは私ですから、主観的感動でもあります。

「神は愛です」とヨハネは言っていますが、これは体験から生まれた言葉です。どんな神学者の客観的論証も、これにはかないません。神は愛によってのみわかります。その愛は、ただ感じるのみなのです。ヨハネは自分を「主の愛された弟子」と言い切りました。これは幼子が親に抱く感覚に似ています。

「愛さないと見えないものがある」(マックス・シェラー)。これも本当です。一人で静かに祈っていると、どんなに自分が愛され、導かれてきたかがわかります。自分にも価値があることに気づきます。これはうれしい発見、大発見です。

イエスさまは神がどれほど私を愛しておられるかを、身をもって示してくださいました。この愛を感じるところから感動が生まれて、キリスト・イエスとの「人格的な出会い」になります。人は先ず愛されてこそ、人を愛することが出来ます。愛されている自分を、しみじみ味わうことを大切にしましょう。驚きと喜び、恵みを感じるところから、神の私への愛がわかり、さらに隣人への私の愛も具体的になります。神は愛によってしかわかりません。
聖書は自分に向けられたものとして、2度、3度と、ていねいに味わいます。

内省のために: 次のように尋ねられて思い出すことがありますか?
◎ 無償の愛を教えてくれた人、意味深い出来事は?
☆ 私の幸せを、心から喜んでくれた人は?
★ 私のために、泣いてくれた人は?
◎ 感謝の気持ちを、よく表しましたか。

聖書の箇所:
Iヨハネ 4:7~16 「神は愛だからです」
エレミヤ 31:3~6 「とこしえの愛をもってあなたを愛し…」
イ ザ ヤ 41:8~16 「あなたの右の手を堅く取って言う……」