東京の新宿区下落合に聖母病院があります。私は20代の初めのころに、健康診断で行きました。レントゲン撮影をするようにと言われて、X線室に行くと、女性の技師がおられました。胸部写真の後、このY先生は私の股関節の障がいをみて、ここには良い整形外科医がおられるから診てもらいなさい、と薦めました。しかし、私がためらいました。時間がお昼近くでしたし、予約もありませんでしたから。しかし、Y先生は、ついてきなさいと、私を引っ張るように促します。それでY先生の後についていくと、いきなりK先生に引き合わせてくださいました。
K先生は股関節の診察をされながら、私の事情を聴いてくださり、涙ぐまれました。先生の涙を見て私は驚き感動しました。一粒の涙の思い出です。

兄に診察の結果と手術について話しました。兄は、当時、あまり有名ではなかった聖母病院よりも、信濃町にある有名な大学病院での診断を薦めました。結果は同じでした。兄の意見に従い、この大学病院にも行き診断してもらいました。かなりたったころに、教授は、若い医者をぞろぞろ従えてきてやってきました。そして診察をし、何も言わずに姿を消しました。かなり待たされてから、やってきた若い白衣の人が手術を勧めてくれました。
私は手術を受けるのなら、同じ信仰の持ち主の、K先生にお願いしたいと決め、そして聖母病院に入院しました。私のチョイス、選択でした。

入院中に出会った方が、山本直忠先生です。私は1月から8月末まで入院していましたので、歩けるようになってから、朝ミサに参加していました。5月ごろに先生も入院されて聖堂で顔を合わせました。それがご縁で、ホイベルス神父さまが、先生をお見舞いに来られたときに、山本先生はホイベルス神父さまを連れてきて、引き合わせてくださったのです。私は高貴なという印象を受けました。さらにその後に「もっと大きなものをみなさい」との言葉をいただきました。良い出会いと出来事の賜物です。神さまの語られることば、現代語は、出会いと出来事であると、知りました。

投稿者プロフィール

Fr.Job toda michio
Fr.Job toda michio
ヨブ・戸田三千雄司祭 フランシスコ会 日本管区『小さき兄弟会』 旭川地区協力司祭